コラム

プリザーブドフラワーとドライフラワーの違い

インテリアやギフトにピッタリなプリザーブドフラワーやドライフラワー。どちらも長期保存ができる花として人気ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

加工の施し方の違い

加工の施し方の違い

ドライフラワーは生花や草木を自然乾燥させたり、強制乾燥をさせたりと様々な方法で水分を飛ばしてつくります。

最もポピュラーなものとしては自然乾燥させたものが多いですが、当店では強制乾燥をさせてつくったアンティークローズを扱っています。一方プリザーブドフラワーは、一度花の樹液を抜いたら特殊な液体に浸し、乾燥させてから着色をします。

両方とも乾燥させるという工程は同じですが、プリザーブドフラワーのほうがドライフラワーと比べると加工に手間がかかります。

カラー・質感の違い

カラー・質感の違い

自然乾燥の場合だと、ドライフラワーは少しずつ色褪せていき、完成すると生花が持つ鮮やかさはありません。しかし、その独特のくすみが魅力といえます。

また、ドライフラワーは水分を飛ばすので繊維が収縮し、つぶれたようにクシュっとしています。強制乾燥をさせたアンティークローズの場合、アンティーク調のシックで落ち着いた鮮やかさが特徴的です。

生花と同じようにカラーも豊富で、複雑な色彩のグラデーションの表現も可能です。そして繊細なガラス細工のようにパリッとした質感が特徴的です。ドライフラワーやアンティークローズをインテリアに取り入れることでお部屋が一気にアンティークな雰囲気に変わります。

一方、プリザーブドフラワーは色をそのまま残すことができますし、作り出せる色であれば自然には存在しないカラーでも自由自在に表現することが可能です。 また、質感もみずみずしくとてもやわらかなため、初めてプリザーブドフラワーを見た人の中には生花と間違える人もいるほどです。

お手入れ方法の違い

お手入れ方法の違い

プリザーブドフラワーもドライフラワーも、ホコリや直射日光、湿気を避ける必要があります。

特に水は大敵ですので、ホコリがたまってしまった場合のお手入れも濡れタオルではなく、乾いたタオルで優しくさっとはらうようにしましょう。

アンティークローズの場合はホコリや直射日光、湿気を避ける以外にも外気を避ける必要もあります。

寿命の違い

ドライフラワーやアンティークローズ、そしてプリザーブドフラワーはとてもデリケートで少しの衝突で壊れてしまう可能性があります。アンティークローズはドライフラワー以上に大変もろく、壊れやすいため、取り扱いには十分に注意が必要です。

保存状態や飾る場所によっても異なりますがプリザーブドフラワーは数ヶ月から数年間、アンティークローズなどドライフラワーの場合はガラスドームなど外気を遮断する容器に入れて完全密封をすることで数ヶ月以上と保存期間が延び、長く楽しむことができます。

当店はバラを楽しむ専門店です。通販サイトでは様々なバラアイテムをはじめ、バラの手芸用プリザーブドフラワーやドライフラワーの一種であるアンティークローズの通販を行っております。リースに用いたり、空き瓶に入れたり、ガラスドームに入れたりとぜひ、お好みのアレンジメントをお楽しみください。インテリアのアクセントにはもちろん、ギフトやプレゼントにもおすすめです。バラを楽しみたいならぜひ、当店の通販サイトをご利用ください。

一覧表

Copyright (C) 2016 http://www.rose-festa.com/ All Rights Reserved.

はじめてのお客様

よくあるご質問

ローズフェスタの送料

店長日誌はコチラ。

愉快で楽しい店長日誌。
まったりゆるい仲間たちも登場します。
店長日記はこちら >>

会員登録

メルマガ登録

モバイルサイト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

定休日は電話受付の休止日です。

ネットからのお申込みは年中無休で承っております。

ページトップへ